木の屋石巻水産

石巻の獲れたての「旬」を、缶詰にとじ込めて。

1957年創業。自然豊かな石巻から、新鮮な旬の魚のおいしさをお届けしてまいりました。
大ぶりのイワシ、身のつまったサンマ、脂がのった金華サバ。木の屋の缶詰には、三陸の“うまいもん”が詰まっています。
私たちが大切にしているのは、だれもが「うまい」と唸る商品をつくること。
朝獲れの魚を鮮魚のまま缶詰にする独自製法と、国産調味料を使ったシンプルな味付けで、素材の味を大切にした商品づくりを行っております。

水揚げされた魚を、当日内に加工

缶詰の味を左右する、魚の鮮度。獲れたての一番おいしい瞬間を閉じ込めるため、朝獲れの魚を早ければ当日の昼までに缶詰に加工しています。これが木の屋独自の、冷凍した魚を使わない「フレッシュパック製法」です。

日本中から調味料を厳選

日本の魚のうまみを引き出すには、日本でつくった調味料が一番だと考えています。例えば、醤油。創業当時より、地元石巻の無添加醤油を使用しています。他に、砂糖は鹿児島の喜界島産、塩は讃岐産の塩を使用しています。

無添加、無着色で素材のおいしさそのまま

新鮮な魚の、本物のおいしさをお届けしたい。その思いのもと、木の屋では保存料などの食品添加物を極力使用せず、安心、安全な商品づくりを心がけています。

鯨の食文化を継承

鯨の行商から始まった木の屋の歴史。鯨を食べる習慣が消えつつある昨今、鯨肉商品を通じて日本の食文化を保存し、後世に伝えていくことも木の屋の重要な役割であると考えています。