木の屋石巻水産

- 飯島奈美さんの缶詰ごはん -
さば
おかわりの手がとまらない
さば缶ごはんの
手巻きずし

材料

【4人分】
・彩 金華さば水煮缶
1缶
・米
2合
・梅干し
2個
・酒
大さじ1
・水
2合(さば缶の水分含む)
・酢
大さじ1
・きゅうり
1本
・たくあん
100g
・しそ
10枚
・みょうがの甘酢漬け
4本
・のり
お好みの量
使ったのはこれ!

つくりかた
梅干しの酸味が鯖の風味とよく合うおすしです。卵焼きや葉野菜など、お好みの具を加えても。

したごしらえ

米を研ぎ、10分浸水してザルにあげ、10分水を切っておきます。

STEP1

炊飯器に米、梅干し、酒、さば水煮缶を汁ごと加え、水を加減して加え、炊飯します。

STEP2

きゅうり、たくあんはせん切り、しそは半分に切ります。みょうがの甘酢漬けは食べやすく、のりは4等分にします(まな板の上で、包丁を使うときれいに切れます)。具とのりを、それぞれ器に盛り付けておきます。

STEP3

ごはんが炊き上がったら、酢を加えてさっくりと混ぜ、種を除いた梅干しを混ぜ、器に盛ります。

STEP4

食卓で、のりにごはんをのせ、お好みの具を巻いていただきます。

素材別レシピへレシピトップへ

フードスタイリスト
飯島 奈美さん

いいじま・なみ。フードスタイリスト、東京都出身。TVCMなど広告を中心に活動スタートし、2005年映画『かもめ食堂』のフードスタイリングをきっかけに映画やテレビドラマも手がけるようになる。またNHK朝の連続テレビドラマ『ごちそうさん』の料理にたいして、第80回ザテレビジョンドラマドラマアカデミー賞において「ザテレビジョン特別賞」を受賞した。書籍も手がけており、「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載をもとにした『LIFE』シリーズ(東京糸井重里事務所)は通算30万部を突破。

主な担当映画

『東京タワー』『めがね』『トイレット』『南極料理人』『ヴィヨンの妻』『舟を編む』『そして父になる』『海街diary』

主な著書

『シネマ食堂』『セカイのきんぴら』(朝日新聞出版)、『飯島風』(マガジンハウス)『朝ごはんの献立』(池田書店)
『あしたのお弁当』(主婦と生活社)『深夜食堂の料理帖』(小学館)
『LIFE(1〜3)』『LIFE 副菜』『LIFE あつまる。』(東京糸井重里事務所)、今日も食べたいごはん(ぴあ)、LIFE副菜2(ほぼ日)