木の屋石巻水産

- 飯島奈美さんの缶詰ごはん -
いわし
トースターに入れて6分でできる!
いわしと
豆腐の重ね焼き

材料

【2~3人分】
・いわしみそ煮缶
1缶
・木綿豆腐
1/2丁
・トマト
1/2個
・おろし生姜
大さじ1
・刻み細ねぎ
適量
使ったのはこれ!

つくりかた
トースターでつくる、かんたんおつまみです。夕ご飯の「とりあえずの一品」にもぴったり。今回は木綿豆腐を使っていますが、厚揚げでもおいしくできますよ。

したごしらえ

いわしの缶詰の身と汁を分け、身を背骨から半分に割っておきます。木綿豆腐は軽く水切りをし、1.5センチの厚さにスライス。生姜はすりおろし、細ねぎは小口に、トマトは半月形にやや厚め(5ミリ程度)にスライスしておきます。

STEP1

耐熱の容器にいわし、木綿豆腐、トマトを1列ずつ交互に並べます。

STEP2

汁をまわしかけます。

STEP3

トースターで約6分温め、取り出します。

STEP4

おろし生姜と、刻み細ねぎをかけます。好みでぽん酢か醤油を垂らし、おめしあがりください。

素材別レシピへレシピトップへ

フードスタイリスト
飯島 奈美さん

いいじま・なみ。フードスタイリスト、東京都出身。TVCMなど広告を中心に活動スタートし、2005年映画『かもめ食堂』のフードスタイリングをきっかけに映画やテレビドラマも手がけるようになる。またNHK朝の連続テレビドラマ『ごちそうさん』の料理にたいして、第80回ザテレビジョンドラマドラマアカデミー賞において「ザテレビジョン特別賞」を受賞した。書籍も手がけており、「ほぼ日刊イトイ新聞」の連載をもとにした『LIFE』シリーズ(東京糸井重里事務所)は通算30万部を突破。

主な担当映画

『東京タワー』『めがね』『トイレット』『南極料理人』『ヴィヨンの妻』『舟を編む』『そして父になる』『海街diary』

主な著書

『シネマ食堂』『セカイのきんぴら』(朝日新聞出版)、『飯島風』(マガジンハウス)『朝ごはんの献立』(池田書店)
『あしたのお弁当』(主婦と生活社)『深夜食堂の料理帖』(小学館)
『LIFE(1〜3)』『LIFE 副菜』『LIFE あつまる。』(東京糸井重里事務所)