木の屋石巻水産

安全性への取り組み

昨今の状況を踏まえ、弊社では食品の安全性を確保するため、各商品の放射性物質検査結果データをWeb(下記URL先)で紹介できる取組みを行います。

賞味期限が「2017.10.15M」の場合、検索ページの賞味期限欄に
20171015Mと入力し、「検索ボタン」をクリックして下さい。

ご確認はこちら

この取り組みは、三陸産業再生ネットワークの三陸地域水産加工品情報公開事業への参加によるものです。 地域全体として放射性物質に対する安全性を保証し、地域ブランドを高めることを目的としております。
尚、弊社の基準や、検査体制は下記の通りです。

放射性物質の
弊社基準について

弊社では、お子様にも弊社商品を楽しんで頂きたいため、
30Bq/kg未満を商品の出荷基準と定めております。

※1.検査対象は、セシウム:Cs-134、Cs-137、とヨウ素:I-131です。
 セシウムについては、134と137を合計した数値で判断しております。
※2.数値の根拠は、「RCL-92」(通称:ベラルーシ基準と呼ばれている同国内の管理レベル)の中で、
 定められる「幼児食品」の基準:37Bq/kgに準じております。

検査段階と体制について

他社や他検査機関に検査を依頼しておりましたが、
2014年後期より自社にて測定を始めました。
(検査頻度は、ロット毎です。)

原料の中でも、特に石巻漁港で水揚げされた原料については、
水揚げ毎に石巻魚市場株式会社が検査を行っており、
 その結果を踏まえて原料を購入しております(市場の出荷基準は100Bq/kg)。

検査機器について

検査機器:当該検査に使用している機器ですが、
「ゲルマニウム半導体検出器」か、「NaI(Tl)シンチレーション検出器」を用いております。
商品によって検査方法(検査依頼場所)が違いますが、
理由は、その当時の検査体制によるものです。
自社では「ゲルマニウム半導体検出器」を使用しております。